商品相場専門のアナリストが、独自の視点で最新の相場動向を分析! 先物投資で利益を上げるためのコツとファンダメンタルが学べます。株式、為替以外をポートフォリオに!と考えている投資家にもおすすめです。

Home > 白金 > ようやくプラチナ価格が上昇してきた

ようやくプラチナ価格が上昇してきた

  • 2014-01-22 (Wed)09:36
  • 近藤雅世
  • 白金
ようやくプラチナ価格が上昇してきた。昨年秋からプラチナは高くなると言い続けてきた甲斐があった。1月20日東京プラチナ価格は4968円となっており、12月24日の4490円から478円上昇いるが、まだまだ上昇途中であろう。

直接の原因は、1月19日に南アフリカの鉱山組合AMCU(鉱山・建設労働者組合)がまず世界第3位の鉱山会社LONMIN社において20日から48時間ストライキに入ることを通告、続いて世界第二位のIMPALA社でも、世界第一位のANGLO PLATINUM社でも同様の動きを見せているからである。

しかし、その背景には、
自動車需要が世界的に増加している。ことに欧州では、財政危機から自動車の売り上げが長く減少していたが、昨年9月から乗用車新車登録台数が、前年比増加に転じており、その半分以上はディーゼル車であるので、プラチナの触媒需要が増加する見込みであること、
中国でも排気ガス規制が強化され、自動車触媒需要が伸びる見込みで、すでに11月までに中国のプラチナ輸入量は前年比+31%増となっている。
中国やインドでブライダル用のエンゲージリングが従来の金の指輪からプラチナに代わりつつあり、その需要は膨大で、昨年は中国が宝飾品需要だけで世界一のプラチナ需要国になっている。
金の生産量は漸増しているのに対し、プラチナの生産量は漸減している。更に金の需要量は漸減しているのに対し、プラチナの需要量は毎年増加している。等の理由がある。ETFも金は減少しているが、プラチナETFの売れ行きはずっと増加し続けている。

こうした説明の具体的なセミナーは、来る2月5日午後5時に日本商品先物取引新興協会の主催で、東京商品取引所セミナールームにて行う。詳しくはそのレジメを見ていただきたいが、いかにプラチナが生産が硬直的で、需要が増加中であるかは良くわかると思う。筆者にしてみれば、これだけプラチナ価格が上がる、上がると言ってきたが、ようやく市場が反応してくれたという気持ちである。

Home > 白金 > ようやくプラチナ価格が上昇してきた

キーワードで検索
リンク
Feeds
1. 免責事項
  • 掲載される情報は株式会社コモディティーインテリジェンス(以下「COMMi」という)が信頼できると判断した情報源をもとにCOMMiが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、COMMiは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はCOMMiに帰属し、事前にCOMMiへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
  • COMMiが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
  • 本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
  • 本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、COMMiは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
  • COMMiおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
  • 投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
  • 以上の点をご了承の上、ご利用ください。
2. 商品先物取引の重要事項
商品先物取引の重要事項はこちら >>
3. ディスクローズについて
当社のディスクローズ資料は当社本支店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。
日本商品先物取引協会ホームページ >> [情報開示]
サンワード貿易ホームページ ディスクローズ情報>>
サンワード貿易お客様相談室
<北海道>電話:0120-57-5311  /  <関東>電話:0120-76-5311  /  <関西>電話:0120-57-5311

Page Top