商品相場専門のアナリストが、独自の視点で最新の相場動向を分析! 先物投資で利益を上げるためのコツとファンダメンタルが学べます。株式、為替以外をポートフォリオに!と考えている投資家にもおすすめです。

Home > とうもろこし

サンワード貿易-Power Up! 先物投資塾-

わかりにくい季節

先週わかりにくい季節ということを書いたが、一週間で事態が変わるものでもない。NY原油価格は44ドルを下回り、NY金価格は1166ドルであるが、どちらもこれから上がるという予想は書き難い。シカゴ小麦が上昇したため、シカゴトウモロコシも少し上がったが、旧ソ連邦地域の寒波とテキサス州などの雨量が下回ったためと言われている。しかし小麦もトウモロコシも収穫はすでに進んでおり、それほどの影響があるとは思えない。売り方の手仕舞い買い戻しが主だと思われる。
今週のFOMCで利上げがあると予想する人は少なく、万一利上げが行われれば大きなサプライズとなるだろう。12月に利上げされると予想する投資家の割合は50%以下である。しかし、来年上半期までに利上げされるとの予想は100%となるだろう。
ドルインデックスは今年の1月2日を100とすると、3月13日に+10.2%ドル高となり、8月25日に+3.3%まで下落したが、9月25日+5.7%まで回復。その後、10月14日+3.1%下落、そして、27日は+6.2%となっている。こうしたドルの動きは利上げのバロメーターとなっている。商品価格はこのドルの動きに沿って逆相関していると言って良いだろう。ドルが強くなると商品価格は安くなるということである。
今後は利上げの動きすなわち、米国の雇用統計を初めとする景況感と消費者物価指数の動きが注目されるが、米国では住宅以外の消費は頭打ちで、ドル高による輸出の減退で鉱工業生産は伸びが鈍っており、輸入物価安により9月の物価上昇率はゼロ%である。11月3日には米国の国庫資金が枯渇するという債務上限問題を控えて利上げのムードは消し飛んでいる。暫定予算が組まれたので、2011年のような官庁の休業に至ることは避けられているが、共和党内の下院議長争いもあり、米国政治指導力に欠ける展開となっている。オバマ大統領のレイムダック入りは間近い。
東シナ海には米国のイージス艦が派遣されるようだが、商品価格を動かすほどの震度は無いと思われる。やはまだわかりにくい季節は続いているようだ。

5月12日までの週のファンドの建て玉

  米商品先物取引委員会(CFTC)が公表した5月12日までの週の大口建玉(ファンドの建玉)は、顕著な動きとしては以下があった。

<取組高> 
取組高が増加した主な商品は、砂糖の4万4,423枚増の101万1,397枚、 トウモロコシの+2万2,734枚増の183万9,894枚、大豆の+2万950 枚増の90万9,506枚、小麦の+1万2,518枚増の55万7,266枚、 天然ガスの+1万67 枚増の104万5,869枚、コーヒーの+9,063 枚増の21万3,780枚、銅の+5,892 枚増の21万9,672枚、 ガソリンの+5,499 枚増の40万7,916枚、大豆油の+3,489枚増の13万4,081枚、大豆粕の+3,282 枚増の99,331枚、金の+3,244 枚増の60万1,344枚。
取組高が増加した主な金融商品は、10年物米国債の+6万9,795 枚増の355万5,684 枚、15年物米国債の+6万416 枚増の61万6,427枚 、円の+1万634枚増の22万5,927枚。
取組高が減少した主な商品は、原油の▲1万8,038枚減の264万6,251枚。
取組高が減少した主な金融商品は、5年物米国債の▲9万7,149枚減の61万6,427 枚、2年物米国債の▲7万3,962 枚減の1412,079 枚、ユーロの▲3万6,889枚減の54万7,153枚。
商品の取組高は、▲6万6,126枚減の1,039万4,261枚、金融商品の取組高は+5万7,389枚増の 944万298枚。

<買い残> 
買い残が増加した主な商品は、トウモロコシの+2万1,192 枚増の37万7,177 枚、砂糖の+1万5,527枚増の24万4,088枚、 大豆の+1万3,258 枚増の20万6,000 枚、大豆粕の+1万3,563枚増の9万773枚 天然ガスの+7,846枚増の25万2,342枚、金の+5,457 枚増の18万2,713枚 だった。
買い残が減少した主な商品は、原油の▲1万9,939枚減の50万8,160枚、大豆油の▲3,241枚減の6万4,552枚。
買い残が増加した主な金融商品は、15年物米国債の+1万2,872枚増の6万5,986 枚。
買い残が減少した主な金融商品は、2年物米国債の▲5万7,994枚減の39万4,323枚、5年物米国債の▲3万9,357減の 28万8,450枚。
商品の買い残は+5万6,280枚、 金融商品の買い残は ▲9万5,433枚減少した。

<売り残> 
売り残が増加した主な商品は、大豆の+2万990枚増の19万2,936枚、 トウモロコシの+1万9,336枚の43万4,832 枚、大豆粕の+1万3,563枚増の9万773枚、 小麦の+6,740 枚増の20万1,118 枚、この大豆粕と小麦の売り残は過去最大である。
売り残が増加した主な金融商品は、円の+1万7,152枚増の7万1,581枚。
売り残が減少した主な商品は、原油の▲1万5,451枚減の16万8,665枚、 砂糖の▲29,692枚減のの16万8,665 枚、大豆油の▲3,241枚減の6万4,552枚。
売り残が減少した主な金融商品は、10年物米国債の▲5万9,284減の43万2,899枚、5年物米国債の▲34,938枚減の36万5,533枚、ユーロの▲1万5,275 枚減の21万8,175枚。
商品の売り残は+2万1,682枚増加し、 金融商品の売り残は、▲9万7,453枚減少している。

<ネット買い残> 
ネット買い残が増加した主な商品は、砂糖の+4万5,219増の7万5,423枚、 銅の+8,979枚増の8,607枚、大豆油の+6,730枚増の6万9,529枚、 天然ガスの+4,483 枚増の▲24万150枚、 金の+3,652 枚増の8万2,733枚。
ネット買い残が減少した主な商品は、大豆粕の▲1万281枚減の8,558枚、大豆の▲7,732枚減の11万2,509枚、 原油の▲4,488枚減の+38万4,799枚。
ネット買い残が増加した主な金融商品は、10年物米国債の+6万47枚、15年物米国債の+1万2,430枚増の2万297枚 、 ユーロの+1万1,559枚増の▲174,978枚。
ネット買い残が減少した主な金融商品は、、2年物米国債の▲5万6,278減の11万9,024枚、円の▲2万3,717枚減の▲2万9,476枚、 ドルの▲3,588枚減の+5万5,330枚。
商品のネット買い残は+3万8,140枚増加して47万4,325枚、金融商品のネット買い残は ▲639 枚減少して▲23万58枚。

ファンドの建て玉

11月4日までの週のファンドの建て玉で顕著主な特徴は、
 取組高が増えたのは原油が12万7651枚と大きく増え、金も5万9820枚と増えている。トウモロコシの取組高も4万6千枚増えている。
 NY金のネット買い残が前週に比べて▲43,282枚と大きく減った。
 2年物国債の取組高が6週連続で大きく減少している。
 シカゴトウモロコシと大豆、大豆粕、小麦など穀物が4週連続で買われている
 金と原油、ヒーティングオイル、砂糖、ユーロ、ドルの売り残が増加している
 売り残の多いのは、天然ガスの45万枚、砂糖の24万枚、ユーロの22万枚、トウモロコシの19万枚、小麦の14万枚、原油の12万枚、金の11万枚等が目立つ。これらの商品や為替はいずれ買い戻される場面が表れて、価格が反転上昇する可能性が高い。ただ、単純に多いといっても、買いが多い銘柄もある。
 例えば、買い残÷売り残で見ると、パラジウムは買いが売りよりもそれぞれ8.5倍多く、コーヒーも8.6倍である。原油は3.2倍とかなり多い。ガソリンやプラチナは2.2倍と2.1倍である。トウモロコシは2.3倍である。これに対し、ユーロや円は26%、つまり売りの方が買いより4倍多い。円も23%でさらに買いが売りより少ない。これらの通貨は売られているが、非常に売られ過ぎかというと、9月以来ずっとこの調子であるので、それほどの急な傾向とはいえない。
 売りの傾向で見ると、金はいきなり2万1111枚の売りが増えた。原油はこの10週間で8週間売りが増えている。トウモロコシは5週連続で大幅に売りが減っている。同様に大豆と小麦は6週連続で売りが減っている。
 買いを傾向で見ると、トウモロコシは4週連続で買いが減っていたが、11月4日の週は5週ぶりに1万7千枚の大量の買いがあった。原油は3週買いが減り、11月7日は4週ぶりに1万1667枚の買いがあった。
以上から読み取れるのは、穀物の売りは終わって買いに変わっていること、原油や石油は未だ売りが残っていること、金は売り買いが大量に交錯しているなどである。グラフは明日の株式会社 コモディティー インテリジェンスの週刊経済指標に載せる予定。

エルニーニョと穀物生産

独立行政法人農業環境技術研究所と独立行政法人海洋研究開発機構は、エルニーニョ/ラニーニャ 1 と世界の主要穀物の生産変動との関連を明らかにした。これによると、

1.トウモロコシ、コメ、コムギの年ごとの収量は世界平均値で見るとエルニーニョ年とラニーニャ年のいずれでも平年収量を下回る傾向にある。大豆はエルニーニョ年に平年収量を上回る傾向にあるが、ラニーニャ年には平年並みとなる傾向がある。

2.エルニーニョ年に収量への有意な影響が見られた地域は、正と負の影響のいずれでも広範な地域にわたる。一方、ラニーニャ年に収量への有意な影響が見られる地域はエルニーニョ年よりも限定的だ。

3.しかしながら、世界全体で見ると、エルニーニョ年には正と負の影響が相互に打ち消し合う傾向が強いものの、ラニーニャ年には打ち消し合う傾向が弱いため、穀物によっては世界平均での負の影響がエルニーニョ年よりも大きくなっている。(コメ、コムギ)。

世界平均で見た場合に、トウモロコシとコメ、小麦についてはエルニーニョとラニーニャのいずれも警戒が必要ではあるものの、コメと小麦ではラニーニャ年をより警戒する必要があり、トウモロコシでは逆にエルニーニョをより警戒する必要があることを初めて明らかにした。また、大豆はラニーニャに対してやや警戒が必要なものの、エルニーニョはむしろ収量に対して正の影響があることが示された。

エルニーニョとは、太平洋東部の赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年程度続く現象である。ラニーニャは、逆に平年より海面水温が低い状態が続く現象。
エルニーニョやラニーニャは世界各地の気温や降水量、ひいては作物収量に影響を与えることが知られています。エルニーニョ/ラニーニャの予測精度は中・高緯度地域の気温や土壌水分量の季節予測の精度よりも高いため、エルニーニョ(ラニーニャ)と収量変動を直接対応させることで、中・高緯度地域の豊凶予測の精度が高まると期待される。

今年はエルニーニョになる可能性が強いと気象庁は述べている。日本の気候の場合、夏場が冷夏になりやすいという。もし天候デリバティブが上場されていれば、低温を買うだろう。ラニーニャはチリ沖の太平洋上の海面水温が赤く(温度が高く)なる状況で、直接的にはインドネシアの豪雨やオーストラリア北部の乾燥が考えられるが、それが遠く北米の天候にどのような影響があるかはわかっていない。過去の天候でその相関性を示唆したものはなく、あるとしても常にそうなるわけではないので、上記のレポートも統計的にどれだけ有意かはわからない。いずれにせよ今年はトウモロコシの生産に影響があるという。

穀物価格は高くても売ってはならない。

大豆とトウモロコシなど穀物価格高騰が一般新聞やテレビで放映されるようになっている。
通常そこまでニュースが広まると、相場はほぼ天井をつけるが、今回の場合は別である。

これは1900年代のパラジウム騒動を思い起こさせる。当時商社でプラチナの世界最大の
ディーラーであった私は、ロシアと南アに日参してパラジウムの安定供給を確保し、
部下の貴金属ディーラーは、売りがあればすべてを買い漁った。先物取引は価格を
ヘッジできる機能をもっているために、現物が欲しい場合は、やみくもに買えばよい。
価格のことは考える必要はない。

とにかく顧客が、当時は自動車メーカーと半導体メーカーであったが、パラジウムを当時の
使用量の5倍必要だという。全社が5倍供給を受けたら、一社だけで世界のパラジウムを消費し
つくす勢いであった。物さえあれば売れたので、現物はとにかく買いまくりった。

ロシアに行ったら、ロシアマフィアが良いソースがあるというので、私は現物を机の上に
置いていただければいくらでも買う、値段に糸目はつけないと言った。ロシアはパラジウムの
約6割を生産する国で、共産主義から離脱して以来輸出品の利権は争奪戦になっていた。
ロシアマフィアが良いソースを持つことは十分考えられた。ただ、前金だけは出さないようにして、
現物を机の上に置いてくれと主張し続けた。

米国でもタイガーファンドがパラジウムを買占めしていたので、日本に招き帝国ホテルで朝食を
とりながら売ってくれと交渉した。タイガーファンドはのちにつぶれることになるが、この当時は
飛ぶ鳥を落とす勢いで、10年かけて買い占めたので10年かけて売るとうそぶいていた。

そんなとき、東京工業品取引所で売りが出た。商品取引会社が高過ぎるというので、空売りしたのだ。
私はこれは実物を伴わないので、見送ったが、それを買ってスイスで売った商社もあった。
しかし、スイスは現物市場である。物を受け渡さねばならない。
その商社は私のところに来てパラジウムのリースを申し込んだ。リース料はうなぎのぼりに上昇し、
リースレートは月に100%を超えた。それでも借りにくる商社があったからだ。

続きを読む

米国では干ばつが続いている

 先週末は米国労働統計において、事前予想の10万人以上の非農業従事者就業
者数の増加予想が8万人でしかなかったことが悲観材料になった。一部にはこれ
でQE3が早まったというアナリストもいるが、大勢は、景気はそれほど悪いわ
けではなく、伝家の宝刀を抜くのはもっと先だろうという意見である。人によっ
ては年末だというアナリストもいる。現状を言うなら、金等の投資には不透明な
時期であるということであろう。カリブ海には、ハリケーンの気配は全くない。

 唯一さらに深刻さを増しているのは、米国の干ばつである。7月3日付けの米
国気象庁 National Drought Monitorの要約レポートによれば、先週はテキサ
ス南部で軽いお湿りがあった程度で多くの地域での乾燥と干ばつは改善していな
いという。北部平原、ミシシッピ渓谷南部、五大湖の南部地域で1インチ(25
ミリ)程度の雨が降ったという。6月29日、イリノイ州北部から大西洋岸にか
けて雷により停電が発生し、死者が出たところもある。残念ながら雨が降ったと
ころは干ばつを癒すほど十分な雨量をもたらさなかったという。先週は記録的暑
さを示したところが多く、この1〜3か月の過去最高の乾燥を記録しつつある場
所もある。中部と南部平原の北部では、最高気温は100度F(37.8度)を
超え、東部のミズーリ州やアーカンザス州に及んでいる。オハイオ渓谷から中西
部にかけて気温は平年より8〜15度F(4℃〜8℃)高い。乾燥気候は、穀物
や牧草地、放牧地に深刻な損害を与え始めている。トウモロコシと大豆の主生産
地の18州では、22%がPoorないしはVery Poorの作柄に落ちている。牧草地
の43%、Sorgahamの24%が影響を受けている。また森林火災が発生し、19
0万エーカーが火災の影響を受け、先週末のだけでその面積は38%増加した。

 以上のように、米国はどうやら未曾有の干ばつに襲われているようで、先週末
トウモロコシと大豆価格は手仕舞い売りで下落したが、これは一時的な現象と思
われる。現在穀物以外に明白に推奨できる商品が無いため、多くのファンドも穀
物に資金を入れるものと思われる。

穀物の値上がりはまだ続く

トウモロコシと大豆価格は強含みとなっています。二年続いた不作により、米国
のトウモロコシも大豆も在庫が極端に少なくなっています。米国農務省が今年の
8月末を予想する11/12年度の期末在庫も6月の需給報告では、トウモロコシの在
庫率が6.72%、大豆は5.6%になっていますが、もし8月までの需要が昨年と同
じ規模に達するなら、在庫率はそれぞれ3.45%、0.2%になってしまいます。い
ずれも歴史的な低さです。

供給はすでに昨年秋に収穫されてしまい、動かしようがないので、米国農務省は
需要が減るという予想で、在庫率を持たせています。

大豆の需要は、南米の生産が1月の干ばつで1割以上の減産が確定し、南米から
の輸出はそれだけ減ります。米国の大豆価格が高値だったので、買い控えていた
中国や日本のバイヤーは慌てて買い始めています。中国はすでに昨年の9倍の量
を米国から輸入しています。トウモロコシの場合、南米以外に南アやウクライナ
等の生産があり、それらの国から買うことができますが、大豆は南米を除くと中
国が大きな生産地であり、中国は大豆の最大の輸入国です。

米国産トウモロコシは、今年、つまり12/13年度は1944年以来の大きな面積(日
本の国土よりも大きい)に作付けが行われ、作業は順調に進んでいました。とこ
ろが、6月の雨量は、場所によっては1988年以来の少なさで、今年は冬場も暖冬
で積雪が少なかったため、土壌水分が不足しています。

米国気象庁のDrought Monitorは、例年なら南部のテキサス州や西部は茶色く塗
られるのは通常ですが、今年は、それが中西部まで茶色く染まっています。

1988年は、6月のトウモロコシ価格は6月の¢210から7月には¢330まで¢120、約
58%上昇しました。大豆も1988年6月の¢780から7月には¢1050まで約35%上昇
しています。今年もコーンは6月1日の¢551から29日¢672まで¢121、約22%上
昇し、大豆は6月1日の¢1317.5から¢1512.7まで¢195.2、約14.8上昇していま
す。しかし、本格的な上昇はこれからだと思います。今後中国や日本、韓国等が
大量に米国に引き合いをだせば、在庫は払底してしまうものと予想されます。家
畜の餌や、サラダオイル等の大豆製品は今年は大幅に値上がりするでしょう。

過去の記事

Home > とうもろこし

1. 免責事項
  • 掲載される情報は株式会社コモディティーインテリジェンス(以下「COMMi」という)が信頼できると判断した情報源をもとにCOMMiが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、COMMiは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はCOMMiに帰属し、事前にCOMMiへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
  • COMMiが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
  • 本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
  • 本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、COMMiは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
  • COMMiおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
  • 投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
  • 以上の点をご了承の上、ご利用ください。
2. 商品先物取引の重要事項
商品先物取引の重要事項はこちら >>
3. ディスクローズについて
当社のディスクローズ資料は当社本支店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。
日本商品先物取引協会ホームページ >> [情報開示]
サンワード貿易ホームページ ディスクローズ情報>>
サンワード貿易お客様相談室
<北海道>電話:0120-57-5311  /  <関東>電話:0120-76-5311  /  <関西>電話:0120-57-5311
キーワードで検索
Feeds

Page Top