商品相場専門のアナリストが、独自の視点で最新の相場動向を分析! 先物投資で利益を上げるためのコツとファンダメンタルが学べます。株式、為替以外をポートフォリオに!と考えている投資家にもおすすめです。

Home > その他

サンワード貿易-Power Up! 先物投資塾-

ファンドの建玉の動向

 9月1日までの週のファンドの建玉では、取組高が大幅に増加しているのは原油であり、2週連続で増加している。一方、銀と大豆粕の取組高は6週間連続で減少している。3週以上取組高が減少している銘柄は、プラチナ、トウモロコシ、コーヒー、スイスフラン、日経平均株価、15年物、2年物米国債であり、商品全体も3週連続で取組高が減っている、

 買い残が増加している銘柄は概して少なく、日本円が約+9千枚買われた程度である。買いが減少している商品は小麦が▲1万枚で3週連続、トウモロコシは6週連続で買いが減り、前週8千枚買われた金は9月1日の週は▲8千枚買いが少なくなっている。銀は5週連続で買いが減り、大豆は3週連続で買いが減っている。プラチナと銅、ヒーティングオイル、砂糖は2週連続買いが減っている。2年物国債、10年物国債は3週連続で買いが減り、5年物国債は9月1日の週に▲3万8千枚買いが減っている。ドルは2週連続で買いが減り、ユーロは1万1千枚買いが減っている。

 売り残が減少している商品は、金と銀が6週連続で売りが減少し、プラチナとパラジウム、銅は4週連続で売りが減少している。原油は3週連続で売りが減少しているがまだ23万枚の売り残が残っている。売り残が過去最大になっているのは5年物国債の▲58万3千枚である。
 
 ネット買い残が最も多い商品は、原油の25万7千枚(過去最大は昨年6月24日の57万9千枚)トウモロコシは14万9千枚だが、減少傾向にある。大豆も11万枚で減少傾向。砂糖とコーヒーはネット買い残からネット売り残に転換している。2年物米国債は11万枚のネット買い残であるが、5年物は▲20万枚のネット売り残、10年物、15年物、長期米国債はいずれもネット売り残である。

 ネット買い残が増加している商品は、金が6週連続の増加、プラチナが4週連続増、銅が3週連続、ガソリンは5週連続、コーヒーが3週連続の増加である。
 ネット売り算が増加している商品は、大豆が3週連続である。

 ネット売り残が増加している金融商品は、5年物と10年物米国債が3週連続で売りが増加している。

金は買いが毎週ふえており、売り残は解消されている。どちらかといえばこのところ買われている。
原油は売り残が減少してきているが、まだ23万枚と空売りが多い状況なので、まだ空売りの買い戻しは今後あるだろう。ネット買い残は2週連続で増加している。
トウモロコシは7月21日の週から4週連続で売られてきたが、このところ買ったり売ったりとなっている。
大豆は3週連続で売られている。
ユーロや円が2週買われているが直近の週はユーロは少し売られた。ドルは買い残が減りつつあるが、ネット買い残は5万1千枚残っている。
米国債は概して売られている。

ドル高は終わった

 現在の金価格は上がるとも下がるとも言い難い。上がる要因も下がる要因も格別なものが無いためだ。唯一言えそうなのが、ドル高のため金安になるという下落要因であるが、これとて、3月13日ドルインデックスは100.33と天井を付け、5月8日は94.79まで下がっている。つまりドル高基調はすでに終わっているのである。また、鉄道大規模プロジェクトが目白押しの欧州では、安部政権の言う第三の矢が欧州では具体的な形で出ており、かつ、数十兆円に上る大規模な資金手当てが行われているため、今後欧州景気は急速に回復するものと思われる。それは、やはり3月13日の1.046ユーロ/ドルの底値から5月8日には1.117ユーロ/ドルまで上昇しているユーロ/ドルは、今後更に高くなり、ユーロ高・ドル安となることが予想できる。
第1四半期のGDPがわずか0.2%の成長だった米国景気は先週末の雇用統計を見ても、まだ緩やかな回復であり、利上げできるほどの環境は整っていない。今後は欧州景気の好調が目立つ時代になるものと思われる。しかし、過去12年間でドル高=金安であったのは3年間だけであり、ドル高が金安になる確率は25%に過ぎないが、同様にドル安=金高とは更に言えない過去のデータである。ますます金についてのドル高が言えなくなると価格変動要因はさらに少なくなることであろう。

 それでは他の商品はどうかというと、やはり原油価格は毎週木曜日になると価格が上昇する傾向が今後数週間続くものと思われる。それは、EIA(米エネルギー情報局)による石油週報が公表されるたびに、米国の原油生産量が減少し、原油在庫もそれに併せて減少に転じるという数値が現れることが予想されるからだ。石油精製設備稼働率は93%まで上昇しており、ドライブシーズンで安くなったガソリン消費量は今後増加すると思われる。そうなれば、石油精製設備に対する原油投入量が増加する。その一方で、石油リグ稼働率は昨年10月のピークから半分以下になっており、その生産減は今後現れるだろう。在庫から出る原油が多くて入庫する原油が少なくなるという状況になると思われる。

ただ、イランに対する経済封鎖が6月30日までに解除されれば、イランの生産が急増する可能性があり、イランのニュースが原油価格の下げ要因になるだろう。
そういう意味では原油価格がどんどん上がるという事態は考えられない。

2月に穀物を買う場合の検証

先週水曜日の株式会社 コモディティー インテリジェンスの週刊穀物に書いたのは、シカゴトウモロコシとシカゴ大豆を2月18日に買った場合、その年の6月末にはどうなったかということを、2000年〜2014年にかけての結果を分析した。その結果は、過去10年間の平均では2月18日を100として、6月29日は、シカゴトウモロコシの場合は103.0であった。最も下落した年は2007年の▲18.1%、最も上昇した年は2008年の+45.1%であった。グラフで見るとシカゴトウモロコシの場合は緩やかな上昇程度であった。
ところが、シカゴ大豆価格明らかに右肩上がりに6月にかけて価格が上がる傾向が見られた。2000年から2014年までの15年間で6月29日に価格が下がっているのは4年間だけで、残りの11年間は100を超えて上昇している。最も上昇したのは2009年の36.9%であった。最も下落したのは2004年の▲17.9%であるが、過去10年平均では14%上昇している。かなりの確率で2月にシカゴ大豆を買うとそれほど下がることはなかったと言える。
今回これを東京トウモロコシと東京一般大豆で検証してみた。シカゴ同様に、トウモロコシの場合、6月29日の10年間の平均価格は+4.2%とそれほど上がっていない。15年間で下落した年は6年間で、上昇した年は9年間であった。
一方東京一般大豆の場合、過去10年の平均は+3.7%であり、15年中下落した年は7年で上昇した年は8年であった。実は期待した結果とは異なっており、円建ての場合はこの当時の円高の影響を受けて米国よりも反応が小さくなっているものと思われる。
この分析の前提は3月から6月にかけてはかなりの確率で穀物価格は上昇しているので、2月に買っても同様な結果が出るのではないかと思ったものであるが、それほど顕著な結果は出なかった。ただ、半分以上の年で上昇しているのは顕著であるかもしれない。

以 上

1月20日までの週のファンドの建玉分析

2015年1月26日 ファンドの建玉の動き

米国商品先物取引委員会(CFTC)が先週末に公表した大口建玉の動きを見ると、2015年1月20日までの週のファンドの建玉の動きは以下となる。(オプションも含む数字)

取組高が増えている商品は貴金属(金、銀、プラチナ、銅)と穀物(トウモロコシ、大豆、大豆油)であり、3週連続で増加している。
原油の取組高は大幅(▲19万枚)に減少した。
ただ、取組高だけでは買いが増えたのか売りが増えたのかわからない。
買いが顕著に増えたのは、貴金属(金、銀、プラチナ、銅)である。
売りが顕著に増えたのは、コーヒーとユーロである。
売りが顕著に減ったのは、砂糖である。
ネット買い残が増えているのは貴金属(金、銀、プラチナ)と10年物米国債であり、3週連続で増加している。
ネット買い残が顕著に減っているのは、トウモロコシ、大豆、大豆粕である。トウモロコシは4週連続で減少している。

個々の銘柄を見てみると、NY金は買いが増え続け、11月18日から1月20日までの2ヶ月間で、ネット買い残が減ったのは12月23日までの週の1週間だけで、残りの9週間はネット買い残が増加している。11月初めに5万4千枚だったものが、18万8千枚と3.5倍に増加していることは、そろそろ売り閉じる可能性があるので価格下落に要注意である。利が乗っていれば、一旦利食い売りするのが良いのではなかろうか。同様なことはNY銀やNYプラチナにも言える。

NY原油は、12月2日から4週買いが増え、1週売られ、2週買いが増え、1月20日の週は売られた。ネット買い残は11月初めの28万4千枚から1月20日は32万4千枚と+約4万枚増加している。ネット買い残が増えているのに対し、この間の価格は77ドルから46ドルに▲30ドル以上、▲4割も下落している。これはファンドの売買で価格が動いているのではないことを示している。いわゆる小口の一般投資家が原油を売り浴びせているものと思われる。NY原油に対するファンドの売り残は11月初めの12万7千枚から16万1千枚に+3万4千枚増えているが、ピークだった前週1月13日の16万6千枚からは▲5千枚程減っている。やはり、原油の場合、ファンドの空売り残がいつ閉じられるかが注目される。買い戻されれば、小口の空売りも慌てて買い戻されると思われ、なだれを打って価格が上昇する構図が見える。

シカゴトウモロコシ・大豆は売られている。トウモロコシは12月23日のネット買い残33万枚が1月20日には26万8千枚に▲6万1千枚減少、大豆は12月9日の5万6千枚が1月20日には1万2千枚に▲4万4千枚減少。絶対値的にも少ない。足元は人気がない穀物である。
以 上

エルニーニョ発生の仕組み

昨年秋以降南米チリ沖の海面水温は平年より少し高くなっている。これは以下のURLの米国海洋気象庁による世界の界面水温図で見て取れる。
http://www.ospo.noaa.gov/data/sst/anomaly/2015/anomnight.1.5.2015.gif
エルニーニョ現象は平均して4年に一度現れるもので、通常は、ペルーとエクアドルの沖合の海域(赤道から南緯10度、西経80度〜90度で囲まれた海域)の海面水温は、年2回最高と最低のピークが半年周期で変化している。南半球の冬季(7月〜9月)にあたる時期が、深さ100メートルくらいのところから栄養に富んだ水が湧き上がってくる湧昇(ゆうしょう)という現象が顕著になり、海面水温は低くなる。逆に南半球の夏季(11月〜2月)頃には湧昇が弱くなり海面での水温は高くなる。3月の海面水温が最も高くなり、9月頃最も低くなる。南米の降水量は、気温・水温の高い1月から4月に多く、6月から11月までは少ない。
湧昇の盛んな時期はペルー沖ではアンチョビ(かたくちいわし)を始めとする漁業が盛んになる。この季節になるとクリスマスにちなんで水温が高くなることをエルニーニョ(The Child:子供たち)と呼んでいる。数年に一度、水温が低くなる時期になっても少しも下がらず、漁に出ても漁獲が無い毎日が続くことがあった。調査したところ、海面水温が平年に比べて2〜5度高いことがわかってきた。
インドの気象局長官だったウォーカーは、1920年代インドネシア付近からインド洋にかけての気圧が高い時には東部太平洋の気圧は低いというシーソーの関係にあることを発見し、これを南方振動と名づけた。40年後、この南方振動がエルニーニョと関係することが
発見された。
太平洋の赤道域の海面水温は西で高く、東で低くなっている。このような分布の時大気は西で上昇し、東で下降するため、西が低気圧となり雨が振り、東は高気圧となって晴れ上がる。風は東から西に吹き、貿易風と呼ばれる。風に乗って赤道付近の海水が東から西に移動するので、湧昇が起きる。
エルニーニョが発生するのは、東から西に吹く貿易風の風が弱まる為と考えられる。そうすると湧昇の勢いが弱まり、海面の水温は太陽に暖められて暖かくなる。なぜ貿易風が弱まるかといえば、東西の海面水温の温度差が小さくなるためだと考えられている。南方振動の差が小さくなると温度差は小さくなる。時には東から西に吹く風が逆転することもあるという。(1982年〜3年、97年〜4年)
まとめると、海面水温の東と西の差が小さい⇒ 貿易風が弱まる⇒ 海洋表層の暖水の東から西への移動⇒ 東部太平洋赤道海域の海面水温が平年より高くなる(エルニーニョ現象)ということになる。昨年12月10日の気象庁エルニーニョ監視速報では、現在エルニーニョが発生している述べている。

8月12日までの週のファンドの動き

8月12日までの週のファンドの建て玉の動きを見てみると
取組高が増加している銘柄は、パラジウムとヒーティングオイル、砂糖、円、ドルが4週続けて増加、2年物米国債は5週続けて増加している。ただ、これだけでは買いが増えているのか売りが増えているのかはわからない。
ネット買い残を見ると、買いが増えている銘柄は少ない。12日の週単独では米国債が短期から長期まで大幅に買われている。そのため金利が低下した。
商品で買われたものは、12日の週だけで言えば金が3万2千枚の大幅買い増し、ただ、その前2週間がほぼ同じだけ売り込まれているので、元に戻っただけということである。12日時点の金のネット買い残は、16万5960枚である(オプションを含む)。
パラジウムは前週▲3527枚売られたが、12日の週は+1150枚再び買われている。一方プラチナは+546枚買われたが、その前に4週連続で売られており、建て玉も減少している。
原油は7週連続で売り込まれている。12日のネット買い残は32,万8236枚で、6月24日の47万9739枚から▲15万枚以上減少している。
大幅に売り込まれているのは砂糖で、7週連続の売りで、19万枚あったネット買い残は1万8352枚にしぼんでいる。
6月に24万枚あったトウモロコシのネット買い残は12万6751枚に減少している。
大豆も2603枚というわずかなネット買い残である。ただ、その前の週まで4週連続でネット売り残だったものが、買いに転じている。
先週この欄で大豆を推奨したが間違いだった。USDAは8月の需給報告で、果敢にもそれまで無かった「その他」の需要がマイナスになるというわけのわからない調整項目を2ヶ月連続で使って旧穀の期末在庫量を据え置いた。よく考えれば昨年も同じ手を使われた。中国の旺盛な買い等で在庫は非常に少なくなっていると思われるが、統計上はまだあることになっている。それが統計上正しく修正されるのは、9月末の四半期在庫であるので、それまでに旧穀相場は急騰しておしまいとなり、豊作の新穀相場に流れ行くというシナリオであろう。日本の東京一般大豆は値が飛んでいるので、成り行き注文だと大きくスリッページが出てしまう。君子危うきに近寄らず。そうなると現状の相場では買うものも売るものも見当たらない。夏休みで、価格は余り動かないという時期であろう。

春になって穀物は買いか?

穀物の季節となってきた。シカゴトウモロコシ価格は1月10日の406.25セントから先週末479セントまで72.75セント17.9%上昇し、シカゴ大豆価格は1月30日の1260セントから先週末は反落したがそれでも1408.7セントと148.7セント、11.8%上昇している。シカゴ小麦は1月29日の550セントから693.25セントに143.25セント、26%も上がっている。
小麦とトウモロコシは、ウクライナからの輸出が減るのではとの思惑からそれまでのショートポジションが買い戻されたものと思われる。昨年10月29日には12万5千枚も売り長だったシカゴトウモロコシは1月28日にネット買い残に転じ、その後7週連続で買いが増加して28万4121枚のネット買い残となっている。シカゴ小麦は3月4日までネット売り残だったものが3月11日からネット買い残になっている。シカゴ大豆は20万枚以上のネット買い残が2月以降続いていたが、この3週間は売られている。
ウクライナの問題は心理的なもので、港湾施設は平常通り稼働しており、穀物の輸出に影響は出ていない。ただ、資金面でウクライナ通貨フリヴニャが下落しており、その分肥料価格等が値上がりし、今年の作付に影響が出ると言われている。
作付けといえば、米国では3月31日に作付け意向面積がUSDAから公表される。昨年12月から2月にかけてのシカゴ大豆価格をトウモロコシ価格で割った比価は過去15年間平均が2.42倍であるのに対し、今年は3.05倍になっている。それだけ大豆が割高となっており、大豆の作付面積が大きくなると予想されている。インフォーマエコノミクス社は、今年の大豆の作付面積は昨年より6.2%増の8130万エーカー、トウモロコシは▲2.2%減の9330万エーカーと予想しており、小麦は▲0.9%減の5570万エーカーである。
その意味からは大豆価格は3月31日にかけて下落する可能性があり、ファンドの建玉が減っているのもこうした動向を見てのことであろう。
しかし、大豆の予想期末在庫率は4.5%であり、トウモロコシの12.4%に比べて極めて少ない水準がこの数年続いている。南米からの出荷が終わり、再び北米からの買い付けが始まれば、大豆の在庫はどんどんなくなる可能性があり、その意味では大豆の方が需給はタイトである。
また、2000年〜2013年の3月20日から6月30日までの3ヶ月あまりの期間の価格を見てみると、大豆は平均8%上昇し、トウモロコシは1%上昇している。つまり、夏場に何が起きるかわからないこの時期には穀物が買われる傾向が過去にはあったということである。春から初夏にかけて穀物は買われる傾向がある。

過去の記事

Home > その他

1. 免責事項
  • 掲載される情報は株式会社コモディティーインテリジェンス(以下「COMMi」という)が信頼できると判断した情報源をもとにCOMMiが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、COMMiは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はCOMMiに帰属し、事前にCOMMiへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
  • COMMiが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
  • 本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
  • 本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、COMMiは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
  • COMMiおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
  • 投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
  • 以上の点をご了承の上、ご利用ください。
2. 商品先物取引の重要事項
商品先物取引の重要事項はこちら >>
3. ディスクローズについて
当社のディスクローズ資料は当社本支店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。
日本商品先物取引協会ホームページ >> [情報開示]
サンワード貿易ホームページ ディスクローズ情報>>
サンワード貿易お客様相談室
<北海道>電話:0120-57-5311  /  <関東>電話:0120-76-5311  /  <関西>電話:0120-57-5311
キーワードで検索
Feeds

Page Top