商品相場専門のアナリストが、独自の視点で最新の相場動向を分析! 先物投資で利益を上げるためのコツとファンダメンタルが学べます。株式、為替以外をポートフォリオに!と考えている投資家にもおすすめです。

Home > > 8月27日までの米国市場におけるファンドの建玉の動きを見てみると

8月27日までの米国市場におけるファンドの建玉の動きを見てみると

  • 2013-09-03 (Tue)09:07
  • 近藤雅世
8月27日までの米国市場におけるファンドの建玉の動きを見てみると、
NY金は7月9日に13万6千枚と史上最大の売り残があったが、8月27日には5万4千枚まで減少シており、平均以下になっている。その一方で、買い残は7月9日に16万3千枚だったものが、8月27日には18万枚と2万枚弱増加し、結果としてネット買い残は先週から2万3千枚増加して12万6千枚と3月以来の高水準になっている。ファンドの買い戻しによる値上がりという要因は無くなり、逆に買いの売り戻しによる下落を注意すべきかもしれない。
NYプラチナは8週連続して買われており、ネット買い残は4万枚弱と7月の2倍になってている。
NY原油はネット海山が40万枚前後を7週間続けており、その上下幅は1万枚にも満たない。買いが49万枚までふくらんでいるが、売りも10万枚まで増加している。少し気迷い気味であるように見受けられる。
 シカゴコーンはネット売り残になってから6週目となるが売り残は8月初めの▲7万5千枚から▲1万5千枚まで縮小している。売り飽きたというところか。
 シカゴ大豆は3週連続で大幅に買われており、ネット買い残は14万7千枚まで積み上がった。トウモロコシの売りと対照的である。
 NY砂糖は3週連続で買われ、NYコーヒーはネット売り残が▲1万3千枚まで縮小してきた。
 ユーロはかわれており、円は売られているが、円売りは4週連続で売りが減少している。S&Pは6週連続で売られているが、そのボリュームは小さい。
 10年物米国債は売り残が▲8万1千枚まで、8月一ヶ月で▲7万7千枚売られた。5年物国債も売り長となっており、2年物国債は先週だけで▲2万2千枚売られた。
 9月のファンダメンタルは、 FOMCのTaperingがあるかどうか? ▲轡螢△吠瞳海攻撃するか、 8日に東京オリンピックが決まるかどうか(円高要因) 6日米国労働指標がどうなるか。(FOMCを占うため)などが注目される。

Home > > 8月27日までの米国市場におけるファンドの建玉の動きを見てみると

キーワードで検索
リンク
Feeds
1. 免責事項
  • 掲載される情報は株式会社コモディティーインテリジェンス(以下「COMMi」という)が信頼できると判断した情報源をもとにCOMMiが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、COMMiは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はCOMMiに帰属し、事前にCOMMiへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
  • COMMiが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
  • 本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
  • 本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、COMMiは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
  • COMMiおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
  • 投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
  • 以上の点をご了承の上、ご利用ください。
2. 商品先物取引の重要事項
商品先物取引の重要事項はこちら >>
3. ディスクローズについて
当社のディスクローズ資料は当社本支店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。
日本商品先物取引協会ホームページ >> [情報開示]
サンワード貿易ホームページ ディスクローズ情報>>
サンワード貿易お客様相談室
<北海道>電話:0120-57-5311  /  <関東>電話:0120-76-5311  /  <関西>電話:0120-57-5311

Page Top