商品相場専門のアナリストが、独自の視点で最新の相場動向を分析! 先物投資で利益を上げるためのコツとファンダメンタルが学べます。株式、為替以外をポートフォリオに!と考えている投資家にもおすすめです。

Home > 過去の記事 > 2019 / 05

過去の記事 - 2019 / 05 -

AIと相場

筆者はほとんど毎日、暇があるとネットで対戦囲碁を行っているが、囲碁の世界ではGoogleのAIに世界のトップ棋士が完敗している。またAIの出現によって、これまで悪手とされていた定石が、その方が良いという判断に代わってしまった棋譜が数多くあるようになった。当初のGoogle社のAIは過去の人間が打った手をすべて入力し、数千万件の棋譜を覚えて、その最適解を出すものであったが、次世代のAIはAI通しで数千万局を打たせて互いに競い合わせることにより、過去の棋譜の再現ではなく、新しい手を独自に生み出すようになり、これと共に、人間は勝てなくなった。そして現在のプロ棋士はAIの導く新手を覚えないと勝てなくなっている。
要するに考えるAIの出現である。これまでのコンピューターは、例えば相場に使うハイフリークウェンシーのコンピューターは過去の相場のどの場面に当たるかを現在の相場から判断し、その後の展開を推理するというものであり、結局過去の相場の確率を瞬時に求めるものだと理解している。囲碁の場合は19×19の盤面上で、人間にとってはほぼ無限と言える世界であるが、AIにとっては、瞬時に確率を計算するのはお手の物であるが、その程度では勝てなかったところ、人間と同じように、新手を考え、その先どうなるかを一手ごとに考えるようになっている。
こうしたAIを相場に使うとどうなるのかは知ってみたい気がするが、AIが必ず勝つなら相場は囲碁と同様に面白くなくなる。
さて、以下は5月20日付けの日本経済新聞記事である。
『人工知能(AI)を用いて農産物の作況を予測し、商品先物市場で活用する取り組みが動き出している。作況をいち早く正確に分析して売買の材料にする。農業データ分析を手掛けるスバックテクノロジーズ(東京・千代田)はコメの作況をリアルタイムで計測するシステムを開発中だ。政府統計の発表を待って売買する従来の取引手法を変える可能性もある。
「コメの作況指数をリアルタイムで予測できれば様々なビジネスになる」。スバック社の鈴木光晴社長はこう語り、2021年を目標に秋田県や新潟県のコメ作況をリアルタイムで予測するシステム開発に取り組んでいる。AIの機械学習で衛星画像や気象予報といったデータを解析して、コメの生育状況を予測。6月から作況を2週間おきに出す。同サービスを大阪堂島商品取引所に上場する秋田産や新潟産のコメ先物の参加者に販売し、取引の売買材料にしてもらう狙いだ。コメは田植えが順次始まる5月から、収穫を左右する天候によって相場が変動する天候相場の時期に入る。農林水産省の作況指数はサンプルを基に統計を作成するため速報値でも8月末、指数として公表されるのは9月末まで待つ必要がある。18年産の新潟コシヒカリは作況悪化が確認された9月から相場の上昇が顕著になった。
カギはいかに正確な作況を予測できるかだ。「多様なデータ集めがカギになる」という鈴木社長。ドローンを用いるなど現地の様々なデータを視野に入れる。農業データを活用したビジネスは官民で始まっているが大半は省力化や品質向上に関する開発に限られ、商品先物市場に焦点を当てた例はほとんどない。同社は人材を1人採用し、システムの開発を急ぐ。
同様のサービスは米国では普及しつつある。米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループは18年春から米スタートアップのテルアスラボ社と提携し、テルアスラボ社が分析した大豆など穀物の生育状況を有料のデータを配信するサービスを始めている。
テルアスラボ社は衛星画像などからAIで穀物の作況を予測するが、実力は折り紙つきだ。16年には国の大豆の単位あたりの収量が1エーカー当たり52ブッシェルになることを米農務省が需給報告で修正するより2カ月も早く正確に予測した。将来性が注目され同社は18年末、米農業技術開発のスタートアップ、インディゴ・アグリカルチャーに買収された。
商品先物市場は従来は政府統計の発表などを待って売買され、相場が動くケースが大半だった。AIによるファイナンスの影響に詳しい和泉潔・東京大学大学院工学系研究科教授は「単純に統計の内容を待って先物相場が動くというパターンは変わる可能性が大いにあり、統計の内容を踏まえ市場参加者がどう動くかという読みがより重要になってくる」と指摘する。』


経済ニュースと金・原油価格

現在の主要政治ニュースとしては、トランプ大統領の掲げたいくつかの政策とその波紋が挙げられる。

一つはイランの原油輸出をゼロにする政策である。トランプ大統領がこの政策の意図するところが今一つ不明確であるが、とにかくオバマ大統領と欧州各国が締結した原爆開発停止のシナリオは生ぬるいというものである。
ブッシュ大統領はその背後に軍需産業や石油産業がパトロンとしていた。9.11を契機に父親が敢行できなかったイラクフセイン大統領の抹殺を計ったことは、石油価格引き上げという観点から理が通っている。

一方トランプ大統領は、イスラエル寄りだということはわかっているが、サウジアラビアに対してOPECの減産は石油カルテルだと述べており、必ずしも石油価格を上げたいという明確な意図はないように思われる。それでも、これだけイランに対して厳しい経済封鎖を行えば、イランの革命分子は過激な行動に出ることも十分考えられる。それに対してトランプ大統領はイランと戦争する気持ちは無いという。イランにとって、原油輸出は生命線であり、それを止めることは戦争状態に等しいと思うのだが、トランプ大統領の真意がわからない。

いずれにせよ穏健なロウハ二大統領は、核合意の履行を停止し、イラン原子力庁は20日、同国にあるウラン濃縮施設の低濃縮ウランの製造能力を4倍に増強すると発表した。トランプ大統領の脅しによる対話外交の思惑は外れたことになる。最近イランに行った人のブログを読むと、思ったより平穏な国だという。ただ、物価は上昇しており、人々は不安になっているものと思われ、イスラム共和国軍が先鋭化する可能性が無いとも言えない。

13日サウジアラビアのタンカー2隻とノルウェイ船籍のタンカー2隻が妨害を受け、またサウジアラビアを横断するパイプライン二か所にイエメンのフーシ派のドローンによる攻撃があった。サウジアラビアは、イエメンのイランが支援する反政府勢力の拠点を空爆した。
 
こうした地政学的リスクは原油や金価格を押し上げるが、今のところ事故程度の扱いであり、大きな価格の上げにはつながっていない。しかし、今後さらなる事件が発生すれば、市場は身構えているため価格が上がるのは早いだろう。

マクロ経済の動きと商品価格

 トランプ大統領は商品相場に恰好の材料を与えてくれる。今回は米中貿易協議の最終段階での中国に対するプレッシャーである。25%の関税引き上げは米中貿易協議に対するブラッフであろうが、その都度市場は驚いて反応する。米国株価は急落し、ドル安になり、金は高くなり、原油価格は安くなった。問題は9日から10日にかけての米中貿易協議が開催されるかどうかであり、開催された場合は交渉が妥結するかどうかが、相場師にとっては一種の賭けとなる。その後のニュースを詳細に見ながら、状況に応じて判断することになる。価格を予測できるチャンスは年に数回しかないが、そうした機会の大半は反動である。行き過ぎた価格の反動はいずれ到来し、山高ければ谷深し、逆も真なりである。

米中貿易協議のそれぞれの立場を推測し、どのような交渉になりそうかを推定する。米国にとっても中国にとっても、交渉の決裂はあり得ないだろう。来年に大統領再選を控えるトランプ大統領は、選挙前の米国経済の悪化や株価の下落は望ましいことではない。中国も習近平主席の失策を望む勢力は影日向にいるだろうし、最近の中国経済の低迷は、共産党一党独裁の地盤を揺るがそうとしている。中国国民が不満を持つような政策は採れない。一帯一路の政策には資金がかかるが、このところ国家財政はそれほど豊かではない。食用油の原料となる大豆は思ったほど国産化が進んでおらず、米国からの輸入大豆に25%の関税をかけたため、中国国内大豆価格が値上がりし、国民の食生活に不満が出ると、政権運営に危うさをもたらす。中国としては何としても米中貿易協議を妥結させたい立場だと言えよう。しかし、米国に屈した態度は示せない。弱腰だと反習近平勢力がやり玉に挙げる。

従って、何はともあれ、米中協議が決裂するというシナリオは描き難い。妥結は時間の問題で、条件闘争に過ぎないであろう。ということは、いずれ妥結すればお祭り騒ぎになる。株価は上昇し、ドルは強くなり、結果として金価格は下がり、原油価格は上がるだろう。今の逆の動きになる。その振幅は、上がった幅であり、下がった幅であろう。深追いは禁物で、いずれ逆張りが正解となると読むのが自然ではなかろうか。現在の状況は長続きせず、反動が来るだろうと身構える必要がある。

過去の記事

Home > 過去の記事 > 2019 / 05

1. 免責事項
  • 掲載される情報は株式会社コモディティーインテリジェンス(以下「COMMi」という)が信頼できると判断した情報源をもとにCOMMiが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、COMMiは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はCOMMiに帰属し、事前にCOMMiへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
  • COMMiが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
  • 本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
  • 本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、COMMiは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
  • COMMiおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
  • 投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
  • 以上の点をご了承の上、ご利用ください。
2. 商品先物取引の重要事項
商品先物取引の重要事項はこちら >>
3. ディスクローズについて
当社のディスクローズ資料は当社本支店および日本商品先物取引協会(本部・支部またはホームページ)で閲覧できます。
日本商品先物取引協会ホームページ >> [情報開示]
サンワード貿易ホームページ ディスクローズ情報>>
サンワード貿易お客様相談室
<北海道>電話:0120-57-5311  /  <関東>電話:0120-76-5311  /  <関西>電話:0120-57-5311
キーワードで検索
Feeds

Page Top